女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

加瀬邦彦自殺!加山雄三が幼馴染にコメント!

      2015/04/23

歌手で俳優の加瀬邦彦(78)が22日、20日に亡くなった

自殺だったと事務所がコメントしました。

加山雄三が幼馴染にコメント!

「加瀬邦彦&ザ・ワイルドワンズ」

のリーダーで音楽プロデューサーの加瀬邦彦さん(享年74)を追悼。

マスコミ各社にファクスを送付し

「本当にショックで、今はどうやっても心の整理をつけることができない。加瀬、俺より先に行くなんて順番が違うだろ」

と悔やんだ。

加山は「ザ・ワイルドワンズ」の名付け親で、加瀬さんと公私ともに親交があった。

「加瀬へ」と題した文書で「本当にショックで、今はどうやっても心の整理をつけることができない」と切り出し、友人を失った悲痛さを物語る。

 同じ神奈川県・茅ケ崎育ち。

「俺の幼なじみといったら加瀬、おまえしかしないんだよ」というほどの仲。

「君はグループサウンズという日本の音楽の歴史に、多大な影響を与えたミュージシャンの1人だと思う。友人として心底誇りに思っているよ」と称えた。

 最後は「加瀬、俺より先に行くなんて順番が違うだろ」と悲痛な叫び。

「また一緒にギターを弾いて音楽やりたいよな」と天国の友人に呼び掛けた。

加瀬邦彦さんと加山雄三の関係

加瀬邦彦さんは慶大在学中からバンドを始め、

「スパイダース」

「寺内タケシとブルージーンズ」

を経て66年に

「ザ・ワイルドワンズ」

を結成しました。

そのバンド名の名付け親は実は慶大の先輩・加山雄三なんです。

当時はグループサウンズの全盛期で、加瀬さんは通常の2倍弦が張られた12弦ギターの豊かな音色で人気を博しました。

過去に加瀬邦彦(ザ・ワイルドワンズ)が経営するライブハウス

「ケネディハウス銀座」

に、加瀬邦彦さんから出演のオファーが来ました。

その際ギャラの問題になったそうです。

加山雄三が

「友人のライブハウスだからギャラは要らない」

と固辞したと言います。

しかし、「どうしても」と加瀬邦彦さんは懇願しました。

いつまでも埒があかないので、加山雄三が条件として突き付けたのが

「じゃあギャラはビールと焼き鳥!」

というもので、それからノーギャラで毎月出演しています。

 - 芸能

LINEで送る

  関連記事