女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

キマグレン 結婚で電撃解散!?不仲説も・・・

   

キマグレン 結婚で電撃解散!?不仲説も・・・

キマグレンが電撃解散を発表しました。

不仲説で解散?

まずは発表の詳細です。

めざましテレビで電撃解散発表

めざましテレビでの電撃解散発表の詳細です。

「7月18、19日のライブをもって、僕たちキマグレンは解散することになりました」

と、キマグレンのKUREI(34)が「めざましテレビ」のテレビカメラの前で突然の告白をした。

キマグレンは、神奈川県逗子市出身のISEKI(34)とKUREIの2人が2005年に結成したユニット。

セカンドシングル「LIFE」が爆発的にヒットしたことにより、一躍スターの階段を駆け上った。

一方で、海の家のライブハウス

「音霊OTODAMA SEA STUDIO」

を運営し、音楽活動の幅を広げていた。

キマグレン解散理由

キマグレンが電撃解散することを決意した理由について

ISEKIは、

「キマグレンを10年やってきて、そしてこれから先、僕ら何を作って何をしていくのか」

というところをお互いに考える時間ができたので、
僕はやっぱり音楽がまた違った形でやれたらと思うと語った。

またKUREIは解散の理由を、

一昨年プロボクサーとしてデビューしたり、
また色んな人に歌詞を書いたりとか、

他のものを色々やっていく中、
キマグレンではなく、

「榑井(くれい) 勇輝」

個人として今後、色んな選択肢に挑みたい」

と話し、今回のキマグレンの電撃解散は、

ISEKIとKUREIそれぞれにとって、
今後の将来を見つめた前向きな決断であることを明かした。

キマグレンとは・・・

高校時代、地元の逗子のスイミングスクールで出会い、友人となる。

進学・就職等で別々の道に進むが地元の友人として関係が続いていた。

ある日、KUREIがISEKIに「海の家を一緒にやらないか?」と持ちかけ、
キマグレン結成のきっかけとなる。

ユニット名は、元々ISEKIが「自由に音楽活動をしたい」
という意味で付けたきまぐれというソロユニット名義に由来する。

KUREIがISEKIに「一緒にやろうよ!」っと言いて、
ライブハウスのブッキング表に誤って片仮名で

「キマグレン」と書いてしまったのがきっかけとなり、現在のユニット名となる。

音楽活動と並行して、株式会社音遊を本名名義で運営している
(代表取締役は榑井勇輝)。

同社により、音霊OTODAMA SEA STUDIOは2009年に5周年を迎え、
過去に

「音霊 OTODAMA PHOTO STUDIO」

「音霊 OTODAMA WINTER STUDIO」

「音霊 OTODAMA MIYAZAKI FESTIVAL」

「音霊 OTODAMA SKY STUDIO」

というシリーズで音霊を出張させている。

元になっている企画は、地元の逗子海岸での夏季限定ライブハウス(海の家)

「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」である。

2010年に「音霊 OTODAMA FOREST STUDIO」
という1万人規模の野外フェスを立ち上げる。

メンバーが音楽を作る際には、3つのL(Life・Love・Local)を大切にしているという。

また、キマグレンの曲を聴いた人やキマグレンを見た人のことは
「キマグレンジャー」と呼ばれる。

EXILEのパフォーマー・KENCHIと親交があり、地元・横須賀の先輩でもある。

 - 芸能, 音楽

LINEで送る

  関連記事