女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

フジテレビ壊滅!?番組崩壊で今後はどうなる?フジテレビの現状・・・

   

フジテレビの新番組が“壊滅”危機に陥っています。

番組崩壊で視聴率低迷はいよいよシャレにならないレベルですね。

ひと昔前は、フジテレビは黄金時代とも言えるヒット番組を多数もっていました。

ですが、最近は視聴率を稼ぐ番組がほとんどない状態になってしまいましたね・・・

長年お昼の番組をささえてきた、

笑っていいともも終了しましたしね。

テレビの不振はフジテレビに限ったことではないのですが、今のテレビ番組の現状を振り返ってみましょう。

フジテレビの番組の現状・・・

「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に対抗すべく、
安藤優子キャスターを司会に据えて鳴り物入りでスタートした昼の情報番組

「直撃LIVEグッディ!」は、

20日の一部時間帯で平均視聴率1.7%
(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)

に落ち込むなど大苦戦。

10%台を維持するミヤネ屋を脅かすどころか、
早期打ち切りを心配する声も上がっている。

 夕方の新情報番組「みんなのニュース」
(13日放送分)は、午後4時台が2.3%、5時台は4.2%、終盤の6時台も6.6%と低空飛行。いいとも後番組「バイキング」も相変わらず低調で、4月15日には2.7%の低視聴率を記録した。

 ゴールデン帯の新番組も1ケタ台が連発だ。

森高千里(46)司会の新歌番組「水曜歌謡祭」は初回の2時間スペシャルが7.3%。

深夜枠からゴールデン帯に昇格したバラエティー番組

「有吉のニッポン元気プロジェクト おーい!ひろいき村」も、

初回の2時間スペシャルは7.7%だった。

新バラエティー番組
「発見!なるほどレストラン 日本のおいしいごはんを作ろう!」

も初回4.0%である。

 ジャニーズ「嵐」相葉雅紀(32)主演の月9ドラマ「ようこそ、わが家へ」も危ない。15分間拡大した初回こそ13.0%とまずまずだったが、2回目は11.4%に下落。フジ月9からテレ朝“木10”にくら替えしたキムタク主演「アイムホーム」が初回16.7%をマークしたのとは対照的で、1ケタ転落も心配されている。

 水曜午後10時のドラマ「心がポキッとね」も初回こそ10.4%だったが、2回目は7・5%に落ち込んだ。

 新番組が振るわない中、21年目を迎える朝の情報番組「めざましテレビ」は、4月16日放送分が11.3%と気を吐いている。ただ、同時間帯のライバル番組「ZIP!」(日本テレビ系)に視聴率で負ける日も出てきているほか、人気を牽引する加藤綾子アナ(30)のフリー転身話も絶えないなど不安が残る。

 一方、抜群の安定感を誇っているのは、おなじみの長寿アニメだ。4月19日に放送された「サザエさん」は17.1%、「ちびまる子ちゃん」は11.7%をマークし、アニメ部門視聴率をワンツー独占中。同日朝9時に放送された「ドラゴンボール改」が6.7%、続けて9時30分から放送された「ワンピース」が9.0%と、こちらも調子がいい。

 満を持して投入した新番組がことごとく外れ、いつまでたっても「サザエさん」と「ちびまる子ちゃん」にオンブに抱っこのフジテレビ。起死回生の策はあるのか。

 - 未分類

LINEで送る

  関連記事