女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

FC2事件で逮捕!サービス終了か?今後はどうなる・・・

   

FC2事件がついに逮捕になりました。

FC2ライブ配信事件

動画投稿サイト「FC2」の利用者がわいせつな映像をライブ配信した事件で、

大阪市北区のインターネットサービス会社

「ホームページシステム」

幹部が同サイトの運営に密接に関与した疑いが強まったとして、
京都府警サイバー犯罪対策課などが近く、

公然わいせつ容疑で本格捜査に乗り出す方針を固めたことが22日、
捜査関係者への取材で分かった。

府警は同社幹部数人から事情を聴き、運営実態の解明を進める。

 海外に拠点を置く大手動画投稿サイトの運営側を検挙すれば全国で初めて。

 同サイトは動画投稿サイトとしては、
アクセス数が国内4位(3月現在)にあたる。

米国に法人拠点を置く「FC2社」が同サイトを運営し、
動画投稿などのサービスを提供している。

視聴回数に応じて投稿者に報酬が入る仕組みだ。

 わいせつ映像や映画を不正に投稿する違法行為が問題化し、
全国の警察が投稿者の逮捕を繰り返してきたが、

海外に拠点があるため、これまで運営側への取り締まりには至っていなかった。

 捜査関係者の説明では、幹部らは昨年6月、
性行為を同サイトで生中継したとして

公然わいせつ容疑で逮捕された大阪市の元ライブ配信業の男(31)
=執行猶予付き判決が確定=と共謀し、

わいせつな映像を不特定多数が閲覧できる状態にした疑いがもたれている。

 府警によると、この男の捜査の過程で、
同サイトの投稿者を募り報酬を調整する業者の存在が浮上。

業者はホームページシステムとやりとりしていたといい、
府警は昨年9月、公然わいせつほう助と風営法違反の容疑で、

同社を家宅捜索し、関連を捜査していた。

 民間調査会社によると、ホームページシステムは2002年設立。

資本金1億円で広告代理業を中心にネット関連サービスを行っている。

初代社長はFC2社を設立した中心人物の1人という。

公然わいせつ容疑でFC2創業者(41)の実弟の元同社社長(38)や現社長(39)の自宅などの家宅捜索を始めた。

容疑が固まり次第、逮捕する方針。 

今後FC2はどうなるんでしょうか。

多くの利用者がいますので、気になりますね。

 - FC2

LINEで送る

  関連記事