女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

Apple watchの価格日本は?Apple Watch報告!

   

4月24日に発売されたAppleの新デバイス

「Apple Watch(アップル・ウオッチ)」

最近話題のウェアラブル端末ですね。

ウェアラブル端末とは、身につけて持ち歩くことができる情報端末の総称。

今回発売されたApple Watch(アップル・ウオッチ)

ウェアラブル端末の完成系か?

とまで言われている新デバイスです。

価格は4万2800円〜となっています。

さて、そんな満を持して発売された

Apple Watch(アップル・ウオッチ)

ですが、発売直後からいろいろなことがネット上で報告されています。

いったいどんなことが報告されているのでしょうか?

ネット上の反応を見てみましょう。

Apple Watch(アップル・ウオッチ)が熱すぎて腕に巻けない

Apple Watch(アップル・ウオッチ)が熱すぎて腕に巻けない、などといった多数の報告がネットに上がっています。

ウオッチ自体が発熱するというもので、特に充電後は

「冷まさなければならない」

ほどらしい。

ただし販売店などに話を聞いてみると、発熱するようなバッテリー容量はない、
ということで普通に手に巻いて使えると説明していたが、実際のところどうなのだろうか。

バッテリーのせい?

スマホが登場した際にも問題になりましたが、

「アップル・ウオッチ」

は2015年4月24日に発売されたばかり。

アップル社初のウェアラブル端末で、時間を正確に伝えるのはもちろんのこと、
心拍計といったヘルスケアの為の多くの機能を搭載しているほか、

音楽が聞けたり各種アプリのダウンロードも可能です。

手持ちのiPhoneと連動させればその真価を発揮します。

しかし、発売後まもなくして

「アップル・ウオッチが熱くて手に巻けない」

などとネット上の話題になっていました。

特に充電後が熱いらしく、

「まだ誰も報告してないみたいだから報告しとく」

充電直後のapplewatchはメッチャ熱い

店員さんが振って冷ますくらい熱い

「やばなんか熱いぞApplewatchぬくい」

などといったツイートが出て、

「夏の暑い日はどうしたらいいんだよ」

「怖くて着けっぱなしで居眠りできねえ」

「そもそも充電が必要なバッテリーを腕に巻くということ自体おかしい」

などといった話題がネット上に広がっていました。

スマートフォンが登場した当初も発熱が問題になったりしたが、

「アップル・ウオッチ」もそうなのでしょうか。

都内の「アップル・ウオッチ」販売店に話を聞くと、熱くなるという話は耳にしているが、
販売員が身に着けているものに関してはそのような事は起きていない、という。

「充電が関係している可能性もあり、ウオッチをスリープ状態にしてから充電しなければ、熱くなることがあるかもしれません」

と説明した。

「充電が終われば発熱はなくなる」

と店員が説明

別の販売店に聞いてみても

「熱くはならない」

ということだった。

ただし、ウオッチと腕の隙間に汗が入って擦れると、熱いような感じになるかもしれませんが、
ウオッチ自体は発熱していません。

ただし、初期不良はありますから変だなと思ったら相談してみてはいかがでしょうか?

ということだった。

実際に都内にある販売店に行ってみると、

「アップル・ウオッチ」

の特設コーナーがあり、展示品のフロント部分を触ってみたら、熱かった。

一般の人ならば夏に装着して街を歩くのは難しいと思われる熱さだった。

どうしてこんなに熱いのか、店員に話を聞いてみると、展示品は連続充電している状態であり客が次々に試し操作するため熱くなる、と説明した。

そして、購入後に自宅で充電する際にも多少は熱を出す、という。

ただし、「充電が終わればバッテリー自体に発熱するようなパワーはありませんので、熱くはなりませんから安心して使えます」ということだった。

アップル社の説明によれば18時間連続で充電なしに使えるバッテリーという事なので、充電する際には体から離したほうがよさそうですね。

 - Apple, Apple Watch(アップル・ウオッチ)

LINEで送る

  関連記事

関連記事はありませんでした