女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

みずがめ座流星群2015年5月の時間は?6日夜からピーク!

      2015/05/06

みずがめ座流星群が
2015年5月6日夜からピークを迎えます。

みずがめ座流星群2015年5月の時間が気になる人も多いかと思います。

みずがめ座流星群2015年5月の時間ですが、

6日夜から明け方にかけてが出現のピークです。

ウェザーニューズによると

「西の地域ほど雲が厚くなるが、東日本から北日本は雲の切れ間から流星を見るチャンスがありそう」

だそうです。

太平洋側の関東では好条件での観測が期待できると予想されています。

みずがめ座流星群2015年5月が観れる時間ですが、

夜明け前頃に東の空の低い位置を見ていると、速い速度で地平線方向から流星がフワッと浮かび上がってくるように見えます。

このような見え方は、みずがめ座η(エータ)流星群独特の見え方です。

みずがめ座流星群2015年5月を観たい場合は

夜明け前の東天に注目しましょう。

見える方向と時間

みずがめ座といえば秋を代表する有名な星座です。

それだけにこの時期のみずがめ座は、夜明け前の直前にしか東の空に姿を見せません。

ですから、みずがめ座η(エータ)流星群
夜明け前の直前にしか見ることができません。

輻射点(放射点)のあるみずがめ座は、東京の場合で1時半頃に東の空から昇ってきます。

その頃でも流れ星が見られないわけではありませんが、本格的に流れ出すのは輻射点の位置が高くなってからです。

時間の経過とともに輻射点が上がってきますが、高い位置へやってくる前に夜明けを迎えてしまいます。

そんなこともあって、みずがめ座流星群は全体的に条件が良くない流星群といえます。

夜明けとなるギリギリまで粘り強く観測しましょう。

流星の見え方

流星を一度も見たことがないという方もいらっしゃることでしょう。

流星は何の予告もなしに、音もなくシュッと星が流れます。

みずがめ座η流星群は流星としては中くらいの速さに分類されますが、本当にアッという間の出来事です。

東の方角を見上げていると、地平線方向から流星がフワッと浮かび上がってくるように見えるのが印象的です。

流星の見え方は速い方で、痕を残すのも特徴です。

流星の数

流星の出現数はみずがめ座η(エータ)流星群の場合、それほど多いわけではありません。

みずがめ座は秋の星座ということで、日本からだとゴールデンウィーク頃は夜明け前の直前に少し姿を見せるだけです。

このため輻射点が低い位置にしか昇ってきませんから、1時間に10個観測できるくらいです。

母彗星はハレー彗星です。

2013年に大出現

2013年は通常よりも3倍から5倍も出現し、このみずがめ座η(エータ)流星群としては、

過去千年間で一番

と思われるほどの大出現になりました。

5月5日から10日頃まで、1時間当たりに最大で20個程度の出現が持続しました。

ピークとなった5月7日の2時台から3時台にかけては、観測者によって1時間あたりに最大で100個を超えるケースもあるほどでした。

火球が多く出現したのも特徴です。

これらは、3000千年前に放出された

ダスト・トレイル

に地球が遭遇したためではないかと考えられています。

今年は5月6日(水)からです。

天気が気になりますが、綺麗に見えるといいですね。

 - 流星群

LINEで送る

  関連記事

関連記事はありませんでした