女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

家入レオ、松岡茉優、ももクロ百田夏菜子は高校の同級生だった!三人が結婚についてこう語ってます・・・

      2015/07/29

フジテレビのトーク番組

『ボクらの時代』

が5月3日に放送されました。

今回は

松岡茉優
百田夏菜子(ももいろクローバーZ)
家入レオ

の3人が出演しました。

なんとこの3人は同じ高校の同級生だったのです。

そしてなんと、松岡茉優と家入レオが高校時代について、意外な過去を暴露しました。

松岡茉優と家入レオは転校生だったのですが、

転校生で学校にとけ込めなかった松岡と家入は

「ぼっち仲間だと思ってた」

と一緒にお弁当を食べていたそうです。

「入学式を経なかった人達に厳しい所がある!」

と、百田夏菜子に切り込んでました。

しかし・・・

家入レオは在学中に百田夏菜子から優しく話しかけられたことを覚えてるとも語ってました。

当時はうれしかったんでしょうね。

そしてそれぞれはデビューを迎えます。

百田夏菜子はデビュー後に家入レオと再開した時は

家入レオがよそよそしかったらしく、百田夏菜子は動揺してしまったみたいです。

また、それぞれが高校時代のエピソードを語っていましたが、

家入レオは

ダンスの授業が辛かった!

と語りだすと、

松岡も

「あんなの拷問だよ!」

と相当な同調を見せたと思えば

「ちょっと腰が痛いと嘘ついて音楽係になった」

と明かしました。

さらに・・・

彼女たちの同級生には

E-Girlsで活躍するメンバーもいたようですよ。

「あの隣では踊りたくなかった…」

と高校時代のダンスの授業について語っていました。




家入レオは、親の反対を押し切って上京してきました。

そんな経緯があるので、今も親とは

「音楽の話はしない」

そうです。

女子中で先生や大人とうまくなじめなかった時期に尾崎豊の

「15の夜」

に感銘を受けて音楽制作を始めたのがきっかけだったみたいですね。

百田夏菜子は

「歌も好きじゃなくて、バスケか新体操の選手になるんだろうなと思ってた」

と芸能の世界に入って現在も歌も芝居にも苦労しているという百田だが

「自分がアイドルだって分かってからは、キャラを作ったりするのは絶対にやらないようにしようと思ってた」

と語り、

『こういうキャラで』

と何も言われることがなかったから、それは本当にありがたいなとおっ持てるみたいです。

結婚について

結婚についても語られ、それぞれが「したい」と結婚願望があることを明かすも、家入は「一回して『こんなものか』と思って、仕事にもう1回没頭したい」と飽きっぽく、離婚してしまいそうと自身の結婚観を語り、百田も「相手も私より仕事を取るぐらいな人がいい。私も仕事をとりたいから。」と理想の相手を明かした。

 また、女優、アイドル、歌手として10年後の30歳になった時の理想像について、

家入レオが

「歌手を続けてて、またここで『ボクらの時代』で集まりたい。」

と言えば

松岡茉優は

「家庭を持っていたい。仕事の面では俳優って認めてもらった何かが形として欲しい。」

と俳優として何か受賞したいと希望を述べてました。

百田夏菜子は

「嵐さんとかSMAPさんみたいなグループの女性版に。」

とずっとアイドルでいたいと語る。

すると、松岡は「超かっこいいじゃん!新しいの見せてほしい。」と大興奮。

家入も「女性っていないもんね。このままでいてほしい。」と2人は百田の理想像を絶賛しました。




10年後はどんな活躍をしてるのでしょうか。

個性的な三人ですが、今後も活躍していって欲しいですね。




 - 家入レオ, 芸能, 音楽

LINEで送る

  関連記事