女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

巨人の福田聡志選手が野球賭博!八百長疑惑も浮上・・・

      2015/10/13

巨人の福田聡志選手が野球賭博!八百長疑惑も浮上か・・・

巨人は5日、都内の球団事務所で緊急記者会見を行い、

福田聡志投手(32)が賭博行為を行っていたとして同日付で謹慎処分としたと発表した。

球団によると、

福田は今年8月、知人の税理士法人勤務という男性A氏から野球の試合で賭けをしないかと誘われ、全国高校野球選手権の複数の試合の勝敗で賭けを行った。A氏とは巨人・笠原将生投手(24)の友人の知り合いで、昨年、笠原から紹介された人物だったという。

ではどのような流れで福田聡志選手が野球賭博に関わったのでしょうか・・・。

順を追って確認してみたいと思います。

まずは高校野球の掛けから始まったみたいですね。

A氏から福田聡志には、当日の試合ごとにハンデをつけた一覧がメールで送られてきたそうです。

その中から賭ける試合を選び、賭ける点数を伝えるやり方で賭けは行われていたみたいです。
福田聡志選手は、A氏から1点1万円と説明され、最初は5~10点をかけていました。

しかし・・・

負けが続いたため挽回しようと賭け点を増やしていき、福田聡志選手は高校野球が終了した時点で大きな損になったとのことです。

A氏から

「遊びだからプロ野球で取り返せばいい」

と持ちかけられ、その後、プロ野球とメジャーリーグの試合も賭けの対象にするようになったとのことです。

9月上旬までプロ野球で約10試合、メジャーリーグで約10試合賭けを行い、

プロ野球では巨人戦が3~4試合

含まれていたと言います。

自身が出場してる試合はあったのでしょうか・・・。

もしそうであり、賭博に有利になるように意図的に何かしらのプレーをしていた場合、
八百長のなる可能性もありますね。

福田聡志選手はその後もA氏から

「遊びだからどんどんやっていい」

と言われて精算を求められることはなかったため、現金のやりとりは一度もしていない状態です。

しかし、最終的には百数十万円の損となっていたと言います。

そして事態が動きだします・・・。

9月上旬、福田聡志選手は賭けはやめようと思い、

A氏からのメールに応えなくなりました。

そして、A氏からのメールに応えなくなったため、そこからA氏の取り立てが始まったのです。

9月30日、A氏がジャイアンツ球場を訪れ、

「福田選手の借金を取り立てにきた」

と話したため問題が発覚しました。

球団は、笠原についてもA氏が野球賭博常習者と認められれば野球協約に違反する可能性が出てくるため、福田とともに5日付で謹慎処分とし、福田の賭けは刑法の賭博罪に当たる疑いもあるため、警察への届け出も検討しているという。

久保球団社長は

「プロ野球を愛するファン、ジャイアンツファンの皆様に深くおわび申し上げます」


と謝罪した。

これは一連の流れです。

ポイントは

遊びだから

と言われてやっていて、金銭が絡んでない

事ではないでしょうか。

真相は分かりませんが、この話をまとめると

福田聡志選手はA氏に

騙されていた・・・

とも受け取れます。

もちろん、理由はどうであれ、賭博に関与した事は許されませんが

これはすんなりと話がまとまらないような感じがしますね。

真相はまったくもって不明ですので、何か新しい情報が入り次第追記したいと思います。

 - 事件

LINEで送る

  関連記事