女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

ノーベル医学・生理学賞の大村智とはどんな人?過去には特許を放棄で10億人を救う・・・!

   

ノーベル医学・生理学賞の大村智とはどんな人?過去には特許を放棄で10億人を救う・・・!

スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル医学・生理学賞を、微生物が作り出す有用な化合物を多数発見し、医薬品などの開発につなげた大村智・北里大特別栄誉教授(80)ら3氏に授与すると発表した。

大村智・北里大特別栄誉教授が見つけた化合物は熱帯地方の風土病の薬などで実用化しており、
医療や科学研究の発展に大きく貢献した功績が評価されました。

日本のノーベル賞は昨年の物理学賞3人に続く受賞で計23人になりました。

医学・生理学賞は過去に

利根川進氏
山中伸弥氏

が受賞しております。

大村智・北里大特別栄誉教授で3人目の受賞者となりました。




大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル医学・生理学賞を受賞するまでの経緯・・・

大村智・北里大特別栄誉教授は昭和50(1975)年、

静岡県内の土壌の中で新種の放線菌を見つけました。

この新種の放射菌は寄生虫や昆虫をまひさせる機能を持つ抗生物質と判明しました。

大村智・北里大特別栄誉教授はこの化学構造を改良し、

米製薬大手メルクが家畜の寄生虫駆逐剤「イベルメクチン」を開発しました。

そして・・・

この薬剤は57年、アフリカなどの風土病である「オンコセルカ症」にも極めて高い有効性を持つことが判明したのです。

そしてメルク社が治療薬として製品化。

オンコセルカ症は河川盲目症とも呼ばれ、線虫の幼虫が目に侵入して発症します。

途上国では失明の主な原因となる恐ろしい病気でしたが、イベルメクチンによって症状の悪化を防いだり、感染を防いだりすることが可能になりました。

しかし・・・

大村智・北里大特別栄誉教授はイベルメクチンの特許権を放棄。

世界保健機関(WHO)を通じ、アフリカや中南米などで延べ10億人以上に無償提供され、多くの人々を失明の危機から救ったのです。

莫大な利益をもたらすこの特許権を大村智・北里大特別栄誉教授は多くの人々のためになるならと、手放したのです。

そして2013年にコロンビア、
昨年9月にはエクアドルがオンコセルカ症の撲滅を宣言。

そして現在ではイベルメクチンは他の寄生虫や、ダニによる感染症の薬としても広く使われています。

これは大村智・北里大特別栄誉教授が特許を手放したからこそ実現してるものです。

また、大村智・北里大特別栄誉教授はさまざまな機能を持つ化合物を微生物から400種類以上も発見しています。

薬の開発だけでなく、生化学や有機合成化学などの研究を飛躍的に進展させた

すばらしい功労者なのです。

受賞おめでとうございました。







 - ノーベル賞

LINEで送る

  関連記事