女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

中東エアラインCAが機内で性接客!100万ドルの荒稼ぎで業界に波紋・・・

   

中東エアラインCAが機内で性接客!100万ドルの荒稼ぎで業界に波紋・・・

おいしい機内食や新しめの機材はもちろん、客室乗務員の独特のセクシー感が人気の中東のエアライン。

しかしそこからとんだ“性接客”の話題が飛び出し、業界でも波紋を広げているようです。




サウジアラビアの『Sada』紙が、ある中東エアライン(それ以上の情報は明らかにされず)のフライト中の旅客機で、女性の客室乗務員(以下CA)が男性の乗客と機内トイレで性的行為におよんでいたことを報じたのです。

CAによる性接客が暴露されたのは、中東のある空港から米国に向かった飛行時間が14時間前後にもなる超・長距離路線。

1人の男性乗客と一緒にトイレに入るCAの姿をほかの乗客が目撃したというものです。

なんと誘惑したのはCAの方だとか・・・。

男性から受け取った報酬は2000ドルだったと報じてます。

さらに・・・

その後の調べで、そのCAは過去2年にわたり多くの男性乗客を相手に性的サービスを行った結果、

100万ドル(1億2000万円)

ほどを稼いでいたことを白状したみたいです。

単純計算ですが、もし毎回2000ドルくらいをもらってると仮定した場合

600人

を相手にしたことになります。

金額もさることながら、驚愕の数字ですね・・・。

その女性は多くのCAが特に意欲を示さない米国路線への乗務を

むしろ好んでいた

みたいです。

彼女だけはそこに“荒稼ぎ”のチャンスを見出していたと考えるのが妥当ですね。

また・・・

同様の“常習犯”は他にもいるのではないか?
他のエアラインにもあてはまるのではないか?

など、業界全体が「他人事ではない」と揺れているそうです・・・。

たしかにこの話が事実ならば、気になりますよね・・・。

ちなみに・・・

そのエアラインは問題のCAをすでに解雇しているとのことです。

CAのその後も気になりますが、真相は果たして・・・。







 - 未分類

LINEで送る

  関連記事