女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

金本知憲氏が監督に決定!元中日の落合博満監督の初年度優勝を再現・・・!

   

金本知憲氏が監督に決定!元中日の落合博満監督の初年度優勝を再現・・・!

阪神の第33代監督にOBでデイリースポーツ評論家の

金本知憲氏(47)

が就任することが17日、決まりました。

阪神タイガースの来季の新監督として、今月1日に阪神から就任要請を受けていた金本知憲氏。

金本知憲氏がこの日夕方、南信男球団社長(60)に受諾の意思を伝えたことがわかりました。

金本氏は広島市出身で、広陵高、東北福祉大を経て1992年にドラフト4位で広島に入団。
主軸として活躍したのち、2002年オフにフリーエージェント(FA)で阪神に移籍後は03、05年のリーグ優勝に貢献しました。

12年に現役引退後はネット裏から主に阪神戦を解説。
南球団社長らフロント陣は指導者としての資質があると見て、早くから次期監督候補に挙げていた。

球団側と金本氏の交渉は1日、8日、12日と3度にわたり、金本氏はこれまで態度を保留していたが、13日のデイリースポーツの取材に「今週末にははっきりさせる」と返答期限を設定。予告通りこの日、決断を伝えた。




阪神ターガースの来季の新獲得に

金本知憲氏の就任が決定したみたいですね。

今期まで采配を振るっていた和田前監督の代わりとなる新監督です。

金本知憲氏は現役を引退して3年。

その間は指導者としての経験はありません。

しかし・・・

現役時代の金本知憲氏は、自らチームを引っ張り、2000年代の阪神ターガースの常勝時代は、
金本知憲氏抜きでは語れないほど、練習に対する真摯さ、若手やチームメートに対してのアドバイスを含め、

指導者としての資質は現役時代から見せていました。

今回の監督就任は、監督はもちろん、コーチとしての経験もない状態での就任ですが、
金本知憲氏の野球理論は、現役時代から結果をだしてきましたし、

指導者の経験がなくても、問題はないでしょう。




また、指導者としての経験がないまま監督に就任した例として

ご存知、元中日の監督である、落合博満氏がいます。

落合博満氏も、指導者としての経験がないまま監督に就任して、

初年度で優勝。

その後も日本一を含め、リーグ優勝を数多くもたらし、中日の黄金時代を築きました。

金本知憲氏にもその手腕が期待されます。

まだ阪神タイガースからの、正式な発表はありませんが、近々発表され、

秋の秋季キャンプから監督としての指導が始まるでしょう。

コーチ陣の人選も含めて、新生阪神タイガースの布陣が気になりますね。

正式発表を楽しみに待ちましょう。




 - スポーツ

LINEで送る

  関連記事