女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

ダノンシャーク乗り替わりの舞台裏!岩田騎手騎乗のダノンシャークが2014年マイルCSハナ差勝利。2着フィエロ・福永騎手との乗り替わりの真相とは・・・?マイルCS動画

   

マイルCSはダノンシャークが勝利!

本日京都競馬場で行われた、マイル王を決めるG1・マイルCS

見事マイル王に輝いたのは、

岩田騎手騎乗の8番人気・ダノンシャーク。

直線はディープインパクト産駒同士の叩き合い!

火の出るような叩き合いを制したのは、何度も悔し涙を味わってきた6歳馬。

レースは最内のホウライアキコが先行。

1番人気のミッキーアイルがその直後に。

さらにグランデッツァ、サンレイレーザーが続き、ダイワマッジョーレ、クラレントが集団を形成する。

直線に入ってミッキーアイルが先頭に立とうとしたのもつかの間、中団のインをロスなく運んだフィエロが絶好の手応えで抜け出し、そこに最内を突いたダノンシャークが猛追。

決着は写真判定に。

わずかにハナ差、内のダノンシャークが5度目のGI挑戦で、悲願の初Vでした。

ダノンシャークはこれまで素質はあると言われながらも、なかなか結果が出なかった。

調教が甘い等と言われた事もありましたが、今回は見事な勝利。

ゴールした瞬間は2着フィエロとの写真判定に・・・

写真判定の結果、ハナ差でG1のタイトルとマイル王の称号を手に入れました。

重賞は過去にいくつか勝利してますが、G1では好走するものの、あと一歩でタイトルを取ることは出来てませんでした。

重賞のタイトルもG3ばかりなので、G3横綱と揶揄される事もしばしばでしたが、今回のG1勝利でこれまでの屈辱を見事晴らしましたね。

今回のマイルCS、奇しくも2着は前走で手綱をとってた福永騎手。

これまで福永騎手はダノンシャークに騎乗したG1、重賞では2着と3着、昨年の同レースでは3着の成績でしたが、今回はフィエロに騎乗してました。

今回初騎乗の岩田騎手はここぞと言う時の手綱さばきは流石ですね。

ダノンシャークの今後も気になりますね。

そして実は・・・

今回のダノンシャークの乗り替わりには、あるウワサが・・・

前走で手綱を取った福永騎手に関する話…

ダノンシャークの舞台裏は記事の後半で…

さて、2着のフィエロも素質は高く評価されてる馬です。

5歳という馬齢ながらも、これまでは多くのレースを走ってはいませんので、今後の成長にも期待できますね。

フィエロも重賞では人気に支持されるものの、あと一歩でタイトルも逃してますので、次走以降に注目ですね。

3着はグランデッツァでした。

グランデッツァは3歳の時はクラシック候補で、タイトルの一つは取るだろうとその素質を高く評価されてましたが、タイトルは取れず、怪我で長期の休養を余儀なくされました。

長いリハビリの末、今年約1年半ぶりにターフに戻ってきました。

関係者の懸命な努力によって、秘められた素質が開花していきそうですので、グランデッツァの今後の活躍にも期待しましょう。

一方、デビューした時から素質は一級品との評価を受けてる馬も、今回のマイルCSに出走してました。

その馬は・・・

世代のダービー候補・最右翼と言われていた、ワールドエース

たが、皐月賞は2着。

ダービーでは4着に敗れ、またそのダービーで屈腱炎を発症・・・

その後、1年10ヶ月の長期休養に入り、毎年多くの評判馬がデビューをしてくるのが競馬。

いつしかファンからは忘れられる存在になってました。

自身が不在の間、世代のNo.1は、自身が皐月賞で敗れた、ゴールシップに譲る事となりました。

しかし・・・

今年復活を果たすと、春先にはマイラーズCを勝利し、マイル路線に変更。

まだまだ馬も成長が見込めますので、ワールドエースも来年の活躍が期待出来るでしょう。

素質が高くても、レースで栄冠を手に出来る馬は1頭。

今回、惜しくも敗れた素質馬達の、今後の活躍を見守りたいと思います。

ダノンシャークの舞台裏にはこんなウワサが・・・

今回のダノンシャークの乗り替わりですが、裏ではあるウワサが誠に囁かれています。

そのウワサとは・・・

前走で手綱を取った福永騎手。

福永騎手はリーディングを取るなど、毎年リーディング上位に名を重ねています。

しかし、一部のファンには周知の事実ですが、福永騎手はここぞと言う時の騎乗には、多くの疑問の声も上がっています。

無理をさせない騎乗は、それはそれで評価に値する騎乗には変わりありませんが、馬券を買うファンにとっては、少々物足りない存在かもしれません。

そしてそれは、なんとしてもタイトルが欲しい陣営にとっても言える事です。

今回のダノンシャーク、ご存知の通り、前走ではこれまでの後方からの競馬ではなく、先行策にてレースを運びます。

その判断も、福永騎手がその時の東京競馬場は、前が残るから後方からは厳しいとの助言により、福永騎手の判断に任せたモノです。

ダノンシャークは馬齢が6歳と若くなく、今年がラストチャンスと捉え、勝負の年でもありました。

そして前走の先行策は完全に裏目・・・

勝ったのが後方待機のステファノスでしたから、余計に先行策に疑問が残る福永騎手の騎乗でした。

そして陣営は今回、岩田騎手に騎乗を依頼。

陣営はダノンシャークの末脚を信じ、インの後方で脚を溜めて、直線に勝負を掛ける選択を岩田騎手に。

しかし、ご存知の通りダノンシャークは外枠の発走です。

岩田騎手のレース運びが勝敗を分ける事になりますが、その岩田騎手は道中に見事にインに入る事に成功。

そして直線では並み居るライバル達を見事に抜き去り、最後は前走で手綱を取った福永騎手との壮絶な叩きあいを制して、見事に勝利をあげ、

陣営に待望のG1タイトルを届けたのでした。

自身の末脚を信じ、一か八かのイン待機と直線勝負。

競馬の醍醐味が見事に味わえた2014年・マイルCSだったのではないでしょうか。

ダノンシャーク ハナ差でG1初勝利!2014年マイルCS

 - 未分類

LINEで送る

  関連記事