女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

受け継いだ世界王者のDNA!ナニワのプリンス・辰吉寿以輝が圧巻KOでプロテスト合格!辰吉丈一郎の次男、辰吉寿以輝

      2014/11/25

ナニワのプリンス・辰吉寿以輝が圧巻KOでプロテスト合格!受け継いだのは世界王者のDNA!辰吉丈一郎の左・ボディ!

ボクシングの元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(44)の次男・寿以輝(18)が24日、大阪IMPホールでプロテストを受験し、合格した。

“ダウン判定”でレフェリーは試合を止め、合格に至った。

「緊張して硬かった。ボディーが得意なのでもっと打ちたかった。(自己採点は)低いです。点数は下の方」と反省しきり。

晴れてプロボクサーとなったことには「うれしいです」と笑顔を見せた。

「テストに親が来たらアホやろう」と父は応援には来なかったが、合格即「おめでとう」と祝福。

テスト後に興行観戦のため会場に来て「良かったな。これからは自由はなくなる」と、愛息にプロの心得を伝えた。

世界王者に3度なった、あの辰吉丈一郎の次男の

辰吉寿以輝が、プロテストに合格したみたいですね。

辰吉丈一郎といえば、当時の日本最短・プロ8戦目で世界王者になりました。

しかし・・・

網膜剥離になり、日本での試合が出来なくなったりした時もありますが、そこで諦める事なく、なんとか可能性をさがし、条件付きではありますが、日本のリングでの試合の許可を得ます。

そして・・・

あの伝説の薬師寺保栄との世界タイトルマッチ・統一戦をする事に。

その後も多くの困難を乗り越えて、3度の世界王者になります。

また、当時のボクシング界を盛り上げたのは、間違いなく辰吉丈一郎でしょう。

リング内での、パフォーマンスも話題を呼びました。

試合後のインタビューも、ファンを楽しませる発言をしたりと、ボクシング人気を世間に広めたのは間違いなく辰吉丈一郎でしょう。

さて、そんな辰吉丈一郎の次男の

辰吉寿以輝がプロになり、今後は世界王者を目指してプロのリングで戦う事になります。

目標は世界チャンピオンと断言する辰吉寿以輝ですが、

以前、父辰吉丈一郎との対談がありました。

以下、対談の主な内容

寿「(小学生の時)父には『プロボクサーになる』と伝えていた」

 ‐最初は兄・寿希也さんに付いてジムに。

 寿「ボクシングでつらいことはない。辞めたいと思ったこともない。小さい時も練習は楽しくて、やりたかった。でも、どうさぼろうかな、と。そっちばかり考えていた(笑)」

 ‐父を意識したのは?

 寿「(情報・バラエティ番組)『金スマ』の撮影で『ROOKIES(ルーキーズ)』のメンバーに会わせてくれた時(笑)。

中学1年生くらいの時かな」

 ‐父の映像を見たのは?

 寿「ユーチューブで中学生になってから。『辰吉丈一郎』で名前を検索したら、ばーって出てきて、すごいと思った」

 ‐見る目も変わったのか?

 寿「小学生までは普通の父ちゃんだったから。試合のビデオは小学生の時から見ていた」

 ‐自身がリングに上がったシリモンコン戦も見たか?

 寿「普通に自分が出てるーって」

 ‐父の映像を見たことで変わったか?

 寿「真似ているつもりはないけど、左のボディーが似ていると言われる」

 丈「同じ左利き。書くときとか右やけど、本来は左利き。左利きの右オーソドックスは一緒やね」

 ‐父は左のガードを下げて攻撃重視するスタイルを批判されたこともあった。

 寿「それでええやん、と思う」

 ‐目指すボクシングは?

 寿「強いボクサー。倒します」

 ‐目標は?

 寿「世界チャンピオン」

 ‐父は8戦目だった。

 寿「記録とかの意識はない」

 ‐どんなボクサーに?

 寿「KOばっかりしているボクサー。分かりやすいのがいい。父がプレッシャーにはなっていない」

 丈「小学生か!!」

 ‐パンチ力は自信があるか?

 寿「結構昔から自信はあった。拳が硬いと言われる」

 ‐切れのあるパンチと重いパンチとあるが。

 丈「ドスーンパンチ系やな。握力もあるから硬いし、痛いと思う。昔で言うたら(パナマの元世界王者)ロベルト・デュラン。石の拳」

 るみ夫人「言うねえ、自分の息子をデュランに例えて」

 寿「(米国の元世界王者)レナードが良かったけどな」

 丈「リーチが2センチくらい俺より長いんよ。肩幅あるし、その方が遠心力があるからカウンターは強い」

 ‐同じバンタム級。

 寿「こだわりはない。注目されるのはイヤじゃない。僕が勝てば盛り上がる」

 ‐今の強化点は?

 寿「スピードが欲しいですね。パンチの回転力が欲しい」

 (寿以輝はジムで、パンチ力は10点満点の13か14。防御は1か2との評価らしい)

 寿「もらっても倒れる気はしないので」

対談の内容は以上です。

今は辰吉丈一郎の息子との世間の評価ですが、

数年後には、世界チャンピオン・辰吉寿以輝との知名度に変わってるかもしれませんね。

今後の活躍に期待しましょう。

 - スポーツ

LINEで送る

  関連記事