女子力アップ|美容・健康・音楽の総合サイト|

美容 エイジング スキンケア ダイエット

加瀬邦彦さん自殺!?加山雄三との関係とは?

      2015/04/23

グループサウンズ(GS)、
ザ・ワイルドワンズで一世を風靡(ふうび)した

加瀬邦彦さんが亡くなりました。

74歳でした。

警視庁によると、自殺とみられる。

数年前に食道がんを患い、最近は自宅療養をしていた加瀬邦彦さん。

加瀬邦彦さんと加山雄三との関係

加瀬邦彦さんは慶大在学中からバンドを始め、

「スパイダース」

「寺内タケシとブルージーンズ」

を経て66年に

「ザ・ワイルドワンズ」

を結成しました。

そのバンド名の名付け親は実は慶大の先輩・加山雄三なんです。

当時はグループサウンズの全盛期で、加瀬さんは通常の2倍弦が張られた12弦ギターの豊かな音色で人気を博しました。

過去に加瀬邦彦(ザ・ワイルドワンズ)が経営するライブハウス

「ケネディハウス銀座」

に、加瀬邦彦さんから出演のオファーが来ました。

その際ギャラの問題になったそうです。

加山雄三が

「友人のライブハウスだからギャラは要らない」

と固辞したと言います。

しかし、「どうしても」と加瀬邦彦さんは懇願しました。

いつまでも埒があかないので、加山雄三が条件として突き付けたのが

「じゃあギャラはビールと焼き鳥!」

というもので、それからノーギャラで毎月出演しています。

ザ・ワイルドワンズとは?

 ◆ザ・ワイルドワンズ 
66年7月に、加山雄三の命名で結成。
結成時のメンバーは加瀬邦彦、鳥塚しげき、植田芳暁、島英二の4人。

11月に「想い出の渚」でデビュー。
68年に渡辺茂樹(14年死去)が加入した。
シングル17枚、アルバム10枚を発売して71年に解散。

81年に再結成し「加瀬邦彦とザ・ワイルドワンズ」と改名した。

「白い水平線」で再デビューを果たし、シングル10枚、アルバム8枚をリリース。

代表作に「愛するアニタ」「幸せのドアー」など

加瀬邦彦(リーダー&ギター)
鳥塚しげき(ギター)
島英二(ベース)
植田芳暁(ドラムス、ギター)

元メンバー
渡辺茂樹(キーボード、フルート)

 - 芸能

LINEで送る

  関連記事