亀田兄弟が勝訴・・・!亀田兄弟監禁事件が判決・・・!

亀田兄弟が勝訴・・・!亀田兄弟監禁事件が判決・・・!

亀田大毅選手のプロボクシングの試合をめぐり、

兄興毅、弟和毅両選手に監禁され脅されたとする日本ボクシングコミッション(JBC)の男性職員と、
両選手側が互いに損害賠償を求めた訴訟の判決。

東京地裁は30日、「監禁や暴行はなかった」として職員の請求を棄却した。

倉地真寿美裁判長は、うその事実の公表で名誉が傷ついたとする両選手の訴えを認め、職員に320万円の支払いを命じた。

判決によると、2013年9月に高松市で開かれた大毅選手の世界タイトル戦の試合前記者会見後、興毅選手と和毅選手が会見場から報道陣を退出させ、相手選手の使うグローブに関して職員を問いただした。




亀田兄弟監禁裁判とは・・・?

2013年9月の亀田大毅の試合での出来事・・・

次男の亀田大毅が出場した世界戦の試合前記者会見後に、相手選手の使用するグローブに不満を持った2人とジムのスタッフが報道関係者を会場外に出し、原告の男性らJBC職員3人を残して全ての扉を閉めたという訴えです。

日本ボクシングコミッション(JBC)の男性職員(42)が亀田興毅と和毅らに会場内に監禁され、精神的苦痛を受けたとして2選手らに1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたことについて、亀田ジム代理人の北村晴男弁護士は7日、監禁の事実を否定する声明を出していました。

この件に関して、当時亀田陣営は
 
北村弁護士は書面で「会見室からの退室を妨害したり、脅迫行為や暴行行為に及ぶなどした事実は、いずれも一切ありません。

今後、訴訟において事実を明らかにしていく」

としてました。

その後、裁判に・・・。

その裁判の判決が出て

亀田兄弟側が勝訴

ちなみに・・・

この試合はあの

勝っても負けても亀田大毅はチャンピオン

となったあの試合です。

試合が行われる度に何かしらの話題になる

亀田兄弟

今後はどんな話題を提供してくれるのでしょうね。







メイウェザーvsパッキャオの結果は判定でメイウェザーが勝利!八百長の噂も・・・

世界的に注目された

ボクシングの

WBA・WBC・WBO
世界ウエルター級王座統一戦!

結果はメイウェザーマニー・パッキャオを判定で下し、

“世紀の一戦”

を制して3団体統一王者となりました。

戦前の予想通りといいますか、

マニー・パッキャオが攻めて、

メイウェザーが守りながら反撃を伺う

といった展開でした。

再三、マニー・パッキャオが攻めてメイウェザーがカウンターで応戦・・・

といった構図のまま、勝負は終盤へと進みますが、結果は判定に委ねることに・・・

そして判定の結果は・・・

3―0でメイウェザーが勝利!

メイウェザーが無敗を守ったわけですが、

会場からはブーイングが・・・。

しかし・・・

当然結果は変わることはありません。

ドーピング検査方法やファイトマネーで折り合わず、
実現まで6年以上かかった

“今世紀最大最大の一戦”。

しかし・・・

今世紀最高といっても良いこのカードですが、結果は最初からしくまれていたとの噂も・・・

特に多額のマネーが動く二人ですから、何かがあっても不思議はありませんが、

果たして真相はどうなのでしょうか・・・

もし再戦があるとしたら、無敗のままメイウェザーが再戦をした方が、盛り上がりますが、
はたして真相はどうなのでしょうか・・・

特にマニー・パッキャオは、再戦をすることで利益を得ているとの噂が絶えませんので、
今回の結果も真相は闇の中ですよね。

世界が注目した世紀の一戦の再戦はあるのでしょうか・・・

興味はつきませんが、もしあるならば近い将来であってほしいですよね。

今回のメイウェザーVSマニー・パッキャオ戦は、実現まで6年もかかりました。

次回はまた6年後なんてことは年齢的にも実現は難しいでしょうからね。

メイウェザーもマニー・パッキャオも

このまま引退なんてことも普通に考えられるだけに、今後の二人の対戦カードも気になります。

普通は引退していてもおかしくはない年齢の

メイウェザーとマニー・パッキャオ

今後のふたりのさらなる活躍を期待しましょう。

まだまだ今後も何かあるかもしれませんね。