おおさか維新の会の国会議員は何人?政治闘争が過激化・・・!

おおさか維新の会の国会議員は何人?政治闘争が過激化・・・!

新党「おおさか維新の会」の結党を正式に表明した橋下徹大阪市長は1日の記者会見で、
民主党との連携を深める松野頼久代表ら維新の党の「残留組」に対し、

「偽物の維新の党と言い続ける」
「維新の党は終わった」

などと憎悪をあらわにした。

橋下徹大阪市長は、官公労の支持を受ける民主党との合流も視野に入れる現在の維新の党が進める野党再編について

「改革勢力の結集ではない」

と批判。

松野氏らが安全保障関連法の対応で民主党などと「廃案」で共闘したことも挙げ、「維新の党は終わった」と強調した。

維新の党が民主党との間で9月末に設置した「連携協議会」についても、「政策協議って、どうするのか。国民は何も期待していない」とバッサリ。

「維新の党の顔ぶれを見てくださいよ。みんな民主党の落選組じゃないですか」とも語った。

民主党で落選した後に維新の党に入って当選した議員が多いことを指摘したとみられ、「維新の党と民主党がひっついて、民主党になるだけだ」と批判した。




さらに「民主党で落ちた人を維新の党を通過して、また民主党に戻すと。

維新の党は、民主党の落選者を民主党にもう1回ほうり込むための装置に成り下がってしまった。

国民に見捨てられるに決まっている」と訴えた。

また、松野氏ら「非大阪系」の国会議員について

「維新の党は地方からスタートしたのに、今の維新の党は全く地方議員に目を向けていない。地方議員を誕生させていない国会議員もたくさんいる」と主張。

維新の党に交付される今年の政党交付金26億円について

「本当に税金の無駄だ。僕の一番嫌う税金の使い方をしているのが今の維新の党だ」

と切り捨てた。

維新の党所属の国会議員は、1日に大阪市長選(11月22日投開票)への出馬を正式に表明した吉村洋文前衆院議員(比例近畿)を含め51人。

現時点での新党参加者は20人に届いていない。

橋下氏は会見で「激しい政治闘争が始まる」と述べ、新党の方針に明確に賛同する議員に狙いを定めて積極的に引き抜く考えを示した。

橋下氏は、松野氏らが「維新」の党名“返上”と、国会議員数などに応じて政党交付金を双方に配分する「分党」を拒否していることについて「いいんじゃないですか。偽物の維新と言い続けますよ」とも宣言した。

その上で「一般常識で維新の党の国会議員がどう考えるかだ。今の維新の党の国会議員は自分たちの力で党を作り上げたわけではない」と指摘。

「これで名前からお金から全部がめるんだったら、そういう人たちだ。そんな人たちに国政を任せようと有権者は思わない」と批判し、こう吐き捨てた。

「カネと名前がほしいなら全部くれてやったらいい。カネにがめつい人は、じきに消滅する。お天道さまは見ています。大丈夫ですよ」

と語っていました。




今後の「おおさか維新の会」は何をする?

新党を結成した橋下徹大阪市長を筆頭とした

「おおさか維新の会」

今後は新党参加者を増やしていきます。

前身の大阪維新の党の国会議員は51名でした。

新しく。「おおさか維新の会」に合流した議員は今のところ20名はいない状況です。

今後は大阪維新の党の議員を含め、無所属や他党の議員で、
おおさか維新の会に合流する議員を募っていきます。

橋下徹大阪市長は本気の方だけお願いしますと公言していますので、合流する議員は少ない可能性が高いかもしれません。

それでも橋下徹大阪市長は、大阪都構想の実現に向けて突き進んでいくでしょう。

いったい何人がおおさか維新の会に合流するのでしょうか・・・?

今後の成り行きを見守りたいと思います。




おおさか維新の会 メンバーは誰になる?橋下徹代表が新党結成!

おおさか維新の会 メンバーは誰になる?橋下徹代表が新党結成!

大阪維新の会の

橋下徹代表

松井一郎幹事長

が、1日午後、大阪市内のホテルで会見を行いました。

国政新党「おおさか維新の会」結成を発表。

橋下徹氏は

「偽者の維新になってしまいましたから、本物の維新を作る必要があります」

と語り

「徹底した改革をおこなっていく」
「国会議員をあつめにかかりますので、維新の党の国会議員とは激しい政治闘争になるかと思います」

などと話した。




「維新の党といろいろありまして・・・」

橋下徹代表は冒頭、

「維新の党といろいろありまして」

と話し、

「9月中は日本の国にとって重要な安全保障の法案審議があるため9月の国会中は党を割ることはしないと党の国会議員にメールをしました」

と振り返った。

ただ、

「今に至るまで維新の党を割ってはおりません」としたが、大阪のW選挙もあり、維新の党が偽者の維新になってしまったと主張し「本物の維新をつくる必要があります」

と述べました。

「徹底した改革を行っていく」と宣言し、東京一極集中を改め、多極型、地方分権型の国家体制にかえていく「大阪を副首都にもっていきたい」「大阪を再生させていく」とも続けました。

大阪の副首都を掲げ「本物の維新の会を」と主張

ただ、大阪再生だけが目的ではないとし、東京一極集中の現況から、第2極を大阪でつくり、日本の国の形をつくっていくこと。

大阪の副首都、そして都構想を掲げ、本物の維新の会をつくろうと思うと述べました。

橋下徹代表は24日には結党大会を行うことも話し

「国会議員を集めにかかりますので、維新の党の国会議員とは激しい政治闘争になるかと思いますけど、日本の国の形をかえるための『おおさか維新の会』」とした。

そういう政党を立ち上げ「偽者の維新の党から、ほんものの『おおさか維新の会』をつくる」と続けました。

橋下徹代表は

維新の党の野党再編のやり方は国民を裏切った。

維新の党の支持者は民主党支持者ではない。

僕は野党再編には賛成だ。

ただし、それは維新の党と民主党で引っ付く話ではない。

改革をやり抜けるコアな有志でしっかりとした軸を作り、あとはこの指止まれで来る者と組む。

と、おおさか維新の会について語っていました。

また、橋下徹代表は

「国会議員と地方議員が対等に並ぶ、日本の政治史にない地方分権型の真の改革政党にする」

などとも語ってきました。

おおさか維新の会の新党の理念として、国からの上意下達によらず、地方が主体となって地域社会や経済を活性化させ、国会質問の起草に首長や地方議員が関わることなどを掲げる予定です。