紅白落選の乃木坂46生田絵梨花が落選についての心境を語る!aikoのツイートは炎上寸前か!?

12月31日の「第65回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。

さて、今年の紅白はそれと言ってサプライズ的なこともなく、いたって普通な感じがしますが、

初出場組がいることは、去年まではでていたが、今年は落選!

といったアーティストもいる。

これまでの5回以上出場し、それなりに常連だったアーティストで今年落選したのは

昨年まで5回出場のゆず

過去8回で今年2月に開催されたソチ五輪テーマ曲「今、咲き誇る花たちよ」をうたったコブクロ

15回のドリームズ・カム・トゥルー

そして、12回のaikoが落選。

aikoが出場歌手発表直後に

「紅白落選した ちっきしょーーーーー!!!」

とツイート

5時間で1万6千ツイート弱リツイートされるなど、大きな反響を呼んでいる。

そんな紅白の出場者の発表ですが、

今年は初出場か?

と期待され、惜しくも出場が叶わなかったグループもあります。

事前の情報では出場内定か?

と注目されていた

乃木坂46

乃木坂46の生田絵梨花はブログで

「これはきっと人生に残る悔しさ」

とコメント。

「おめでとうって言ってもらえる日が来るように 来年1から頑張らせてください」

と、来年こそは出場できるようにと、前向きにコメントしました。

そんな2014年紅白の出場歌手は

bandicam 2014-11-26 23-24-35-567

紅白は12月31日 19:15分からの放送です。

紅白初出場が注目されるBABYMETAL(ベビーメタル)の動画!

海外で圧倒的な支持を集めるBABYMETALはどんな歌を歌ってるの?紅白初出場が注目されるBABYMETAL(ベビーメタル)の動画

年末が近づくと、世間の話題は日本レコード大賞や紅白歌合戦の歌番組に注目が集まります。

日本レコード大賞は誰が受賞するのか?
どのグループが栄冠を手に入れるのか?

と、結果を楽しみにしたり・・・

紅白では、初出場は誰か?

あのグループの復活はあるのか?

大物アーティストの落選・・・

初出場のあのアーティストは誰?

など、こちらも話題がつきませんね。

毎年注目の年末音楽事情ですが、今年は紅白に初出場か?と注目されてるグループは

ご存知、AKBのライバル・グループ

乃木坂46

音楽番組はもちろん、バラエティー番組にも多数出演してますので、知名度はありますね。

むしろ、まだ出場した事がなかったの?

と、思ってる人も多いかもしれませんね。

そして・・・

乃木坂46以外では注目されてると言えば

日本のみならず、世界で多くの支持を集めてる

BABYMETAL(ベビーメタル)でしょう。

BABYMETALはアイドルとメタルの融合をテーマに、2010年に結成されたユニットです。

BABYMETALが自身初の曲をYouTubeにアップしたところ、なんと日本よりも海外からのアクセスが殺到。

瞬く間に世界中に公開され、注目を集めたのでした。

そして、2014年2月には、ファースト・アルバムを発売

そのファースト・アルバムは、全米でのCD発売はないにも関わらず、
iTunesのダウンロード発売だけで、BILLBOARDチャートにランクインしたのです。

このBILLBOARDチャートがどれだけすごい事かと言いましたら、過去にランクインしたのは、宇多田ヒカル等、数組のみなのです。

また、宇多田やその他のアーティス達はすでに日本での人気と実績があった中でのモノですが、

BABYMETALは日本での実績も知名度もない状態でのランクインです。

ただ純粋に、自身達の歌唱力・クオリティーでの支持があったからでしょう。

そんな彼女達のパフォーマンスを紹介したいと思います。

年末にはNHKでの特番も組まれており、紅白初出場も期待されてる彼女達。

もしかしたら、今後の音楽業界の台風の目になるかもしれませんよ?

BABYMETAL(ベビーメタル・ベビメタ )ダイジェスト

BABYMETAL(ベビーメタル) [White Love] ホワイト・ラブ

BABYMETAL – メギツネ – MEGITSUNE

小嶋陽菜の卒業はいつ?小嶋陽菜がメンバーに明かした卒業時期・・・

メンバーが発表するたびに、日本中の話題になるAKBグループの卒業。

次は誰が卒業を発表するのか?

と、注目されていますが、現在卒業が秒読み段階とも言われるメンバーは、

ご存知「こじはる」こと、小嶋陽菜でしょう。

小嶋陽菜はAKBの初期メンバー

AKBで絶対的エースとして君臨し、AKBの中では一番最初に卒業を発表し、続くメンバーの足がかりをつくった前田敦子を始め、
総監督の高橋みなみ、板野友美などと共に、AKB躍進の立役者の一人でさる。

総監督の高橋みなみはもはやメンバーでありながら、AKBの運営に大きく関わってる事などから、卒業というよりも、このまま運営入りが濃厚の可能性もありますので、具体的ではないでしょう。

では、残る初期メンバーで現在卒業をしていないのは、高橋みなみを始め、峯岸みなみと小嶋陽菜だ。

とりわけ小嶋陽菜は、昨年あたりから卒業を思わせる発言をしたり、

卒業はしません

などと、やけに卒業を使ったフレーズをアピールしています。

卒業を上手く活用して、自身に話題を集めてるわけですが、いつまでも卒業を引っ張るわけにもいかないと本人も思ってるでしょう。

メンバーには相談したりしてる小嶋陽菜。

卒業したメンバーには卒業の時期を言ってるとか・・・

しかし・・・

問題はいつ発表するかです。

小嶋陽菜自身が卒業を発表するタイミングを測ってるとしたら、何かのタイミングが必要になってきます。

ご存知、AKBの卒業は、スキャンダルなどでの卒業を抜かせば、タイミング的には選抜総選挙での発表が一番妥当ではあります。

しかし・・・

も小嶋陽菜が卒業を発表するには、来年2015年の選抜総選挙まで引っ張るとは思えない・・・、といったことが関係者の中で一致してるみたいです。

では、いつ発表するのか?

ですが、年内に発表するとしたらタイミング的には年末の紅白あたりがラストチャンスになります。

しかし、紅白はご存知の通り、2013年に大島優子がサプライズ発表し、大きな話題を呼びました。

また、大島優子の紅白での発表は公にはならない厳罰注意もあったとウワサされてる事もありますから、もう紅白での発表はないのではないかと言われています。

となると、残された大きなイベントは

レコード大賞が候補にあげられますが、AKBは今年はレコ大ではないとの見方がウワサされています。

裏では今年のレコ大はサザンでほぼ決まりといったウワサもありますから、レコ大での発表はインパクトが少しうすれます・

そんなことは関係ないと言えば関係ないでしょうが、紅白よりはレコ大が有力であると思います。

サプライズがあるとすれば、日本中が注目すると言えば、クリスマス。

クリスマスでのサプライズ発表で、話題を一気に持っていく可能性もありますね。

したたかな小嶋陽菜ですが、いつ卒業を発表するのでしょうか・・・

卒業詐欺と言われる小嶋陽菜の卒業発表・・・

その時期は案外近いかもしれませんね。

2014年紅白、乃木坂46とBABYMETAL(ベビーメタル)の関係に注目だ!

2014年紅白歌合戦に内定し、初出場する乃木坂46とBABYMETAL(ベビーメタル)

乃木坂46の中元 日芽香(ひめか)と、

BABYMETAL(ベビーメタル)の中元 すず香

は、姉妹なのです。

今回は姉妹揃っての、紅白出場ですね。

二人はアクターズスクール・広島時代を経て、

姉の日芽香は『乃木坂46』に、

妹のすず香は『可憐Girl’s』、『さくら学院』を経て、

『BABYMETAL』として活動をしていきます。

彼女たちは幼い頃からレッスンを受けて努力し、
その結果が現在の活動なんですね。

姉 
中元 日芽香
乃木坂46所属

小学4年時の秋に、アクターズスクール広島のCクラスに16期生として加入し、中学3年の秋まで所属。

そこでは歌やダンス以外に礼儀なども教えられていた。

【2011年】
8月21日、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。
9月25日、第一回公式イベント「第一回お見立て会」に参加。
10月2日、冠番組「乃木坂って、どこ?」で発表された暫定選抜メンバーに選出されず、
控えメンバーとなる。
10月23,24日、「第一回お見立て会<追加開催>」に参加。
11月30日、「乃木坂46 コンベンション 2011」に参加。中元は、Idol Ablilityに出演した。
12月2日、乃木坂46公式サイト上で行われていた、「ファン投票 あなたのお気に入りの、
「乃木坂って、どこ?」はどれ!?」で8位にランクイン。
12月10日、「はじめまして」全国キャラバン(福岡:天神ソラリア ゼファ)に参加。
12月11日、「第42回 東京モーターショー2011ステージイベント」に参加。
12月23日、「乃木坂46 クリスマス・スペシャルウィーク」(銀座ソニービル) に参加。

【2012年】
1月5日、「乃木坂46 新年のご挨拶させてくださいっ!会」に参加し、
そこで発表した2012年の抱負は、『今年一年で自立したい』。その理由は、
「去年はみんなに甘えたから。」。
1月下旬、高校に合格。


中元 すず香
BABYMETAL(ベビーメタル)所属

小学3年生の頃より、アクターズスクール広島(ASH)に通う、当時はアイドルに興味をもっていなかった。

2007年、アミューズ第2回スターキッズオーディションにて準グランプリ受賞。

2008年、『可憐Girl’s』に参加、活動開始。

2009年、声優に初挑戦、更にミュージカルに初出演。
3月『可憐Girl’s』としての活動終了。

2010年5月、『さくら学院』メンバーとしての活動を開始。

2010年11月、さくら学院の重音部『BABYMETAL』に
SU-METAL名義で参加、活動開始。

姉は乃木坂46とメンバーとして、日本のアイドル・シーンをリードし、

妹はアイドルとメタルの融合という、新たな境地にチャレンジし、世界にも果敢に挑戦しています。

今後もこの姉妹からは目が離せませんね。

乃木坂46 『気づいたら片想い』

BABYMETAL – メギツネ – MEGITSUNE

紅白初出場確定?世界の注目を集めるBABYMETAL(ベビーメタル)とは?

2010年にさくら学院“重音部”で結成された、

BABYMETAL。

“アイドルとメタルの融合”をテーマとしたユニット

BABYMETAL_art1

SU-METAL
中元すず香

YUIMETAL
水野由結

MOAMETAL
菊地最愛

シングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャー・デビュー

ついつい口すさんでしまう、印象に残るアップテンポな曲です。

You Tubeで公開された「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のミュージックビデオに

「なんじゃこりゃぁあ!!」

と海外からのアクセスが殺到。アイドルの枠&日本を越えて注目される。

2014年3月には日本武道館ワンマンライブ2DAYSを行いチケットはSOLD OUT、武道館単独公演を行った女性アーティスト最年少記録を更新した。

さらに2月にリリースした

ファーストアルバム「BABYMETAL」が、

全米ビルボード総合チャートにランクイン

総合チャートにランクインした数 少ない日本人アーティストの中で最年少記録を更新

2014年7月~8月には初のヨーロッパ&アメリカツアーを行い、

イギリスの大型フェス「Sonisphere」

ではメインステージに登場し6万5千人の観衆を集め、アメリカではLADY GAGAの全米ツアーのサポートアクトに抜擢されアメリカ5公演を行った。

日本を越えて、海外でも名実ともに注目を集めているBABYMETALの“メタルレジスタンス”は急速に拡大している。

BABYMETALは、元々さくら学院というアイドルグループ内の「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成された派生ユニットです。

ヘヴィメタル風のライブ・パフォーマンスが人気で、今ではさくら学院を超えるほどの人気を獲得。

決めポーズは、ヘヴィメタルシーンで有名なメロイックサインではなく、あくまでキツネの影絵をイメージしたフォックスサインであり、ライブパフォーマンスではBABYMETALとファンがフォックスサインで一体感を見せるなどライブには欠かせないパフォーマンスの一つになっています。

また、日本だけでなく海外にも多くのファンがいて、BABYMETALのFacebookページは英語で更新されています。(メタルに国境は関係ないということから世界に向けてPRをスタートしたということです)

アイドルとメタルの融合という今まで誰も成し得たなかったことに挑戦しているBABYMETAL。

ユニット名の由来は、“ヘビーメタル”をもじって付けており、BABYでは可愛らしさを、METALでは激しさを表現できることから、また「新しいメタルが誕生する」という願いの意味が込められている。

テーマカラーは赤と黒を基調にしており、衣装やメイクなどにはゴシック要素が含まれている。

ボーカルパートはセンターのSU-METALがメインボーカルを担当し、両サイドのYUIMETALとMOAMETALがコーラス(掛け声や合いの手)を担当。

2年連続でサマソニに出演するなど、日本のみならず、世界で注目されています。

AKBがアイドルグループの常識を変え、その後、ももクロなどのアイドルが誕生していったように、

BABYMETALが新たな道を開拓してる事は間違いないだろう。

数年後にはBABYMETALはもちろん、新たなスターが誕生してるかもしれませんね。

また、BABYMETALはアイドルとメタルの融合だが、

アイドルと○○

アイドルと☓☓

など、今後の新たなトレンドとなっていくかもしれませんね。

BABYMETAL ダイジェスト  Ijime Dame Zettai  「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 ヘドバンギャー!

BABYMETAL(ベビーメタル) [White Love] ホワイト・ラブ

BABYMETAL(ベビーメタル)「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

2014年紅白・初出場!May J

May Jが12月31日の紅白歌合戦に出場することが、内定しました。

管理人的には今回のMay J、それからアナ雪絡みのメンバーの紅白の曲には注目しています。

というのも、May Jと言えば、先日のイベント、クリスマスツリーの点灯式に出席し、1週間前からのどの調子が悪いというMay Jは、この日予定されていたライブで歌う曲を2曲から1曲に変更しました。

「Let It Go~ありのままで~」

のショートバージョンを歌いました。

歌い終わったあと、May Jは

「こんな状態になるのは初めて。本当に申し訳ない。皆さん一緒に歌ってくださってありがとうございました」

と客席に向け、涙ながらに謝った。

 関係者によると、May J.さんの症状は「急性上気道炎および気管支炎に伴う声帯浮腫」といい、May J.さんは「実は1週間前くらい前からのどの調子が悪く、治療を続けていたという情報も。

「今日をすごく楽しみにしていて、今日までには万全の体調で迎えられたらと思ったんですが……」

と残念そうな表情で自身の症状を説明。

「また、しっかりとのどを治して100%、150%の歌を皆さんに届けられるように頑張りたい」と言っていましたね。

さて、そんなMay Jですが、実は前からですが、紅白に出場した場合、何を歌うのか?

といったことが頻繁に話題にあがっていました。

とうのも、今回選出された理由でもあるだろう、

大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌

「Let It Go~ありのままで~」

です。

『アナ雪』には、松たか子の存在もあり、松たか子も紅白に出場が有力視されていたからです。

裏では「Let It Go~ありのままで~」争奪戦が繰り広げられるのです。

はたして、紅白で「Let It Go~ありのままで~」を歌うのは・・・

今年の紅白の見どころにもなりますね。

今回の動画はこれ

May J 大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go~ありのままで~」

サザンオールスターズ31年ぶり紅白に出場決定!年越しライブからのLIVE中継!

国民的5人組バンド

「サザンオールスターズ」

が31年ぶりに紅白に出場!

大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」の出場が内定した。

NHKがずっと前から交渉していたとウワサされていましたが、この度、正式に受けることになったみたいですね。

サザンオールスターズといえば、世代問わず、多くのファンがいます。

サザンが紅白に初出場したのが、1979年の

「いとしのえりー」

いとしのえりーは前作のデビュー曲、勝手にシンドバットのアップテンポな曲から

まさかのバラード曲を発表!

日本中にその名を知らしめた名曲であり、バンドのもつポテンシャルの高さを日本中が知った曲でもあります。

そんなサザンは今回で4回目の出場。

ただし、サザンは年越しライブを横浜アリーナで行いますので、中継での参加です。

そして・・・

サザンが最後に紅白に参加したのは、83年の

「チャコの海岸物語」ですので、21年ぶりの参加となります。

そういう背景もあったので、サザンとNHKの関係に何かあったと勘ぐられることも多いですが、

その理由は、サザンの桑田佳祐が、紅白とは別の、年越しを盛り上げる何かを国民に!

という考えのもと、年越しライブというイベントを生み出したのでした。

今でこそ、年越しライブは多くのアーティストやグループが年越しのイベントとして開催してますが、その先駆けがサザンだったのです。

今までは、そういった背景もあり、紅白側も出場の打診はせずにいたみたいです。

今回31年ぶりに紅白に出場することになったサザンオールスターズ。

どの歌で盛り上げてくれるのでしょうかね。
楽しみですね。

サザンオールスターズ ボディスペシャルⅡ