ランボルギーニアヴェンタドールの価格は!上海モーターショー 2015で限定600台を発表!

ランボルギーニがアヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ(SV)を上海モーターショー 2015で初披露しましたが、その生産台数が判明しました。

ランボルギーニアヴェンタドールの価格も気になります。

ランボルギーニといえばフェラーリと並び、世界的なスーパーカー・メーカーですよね。

そんなランボルギーニですが、現在行われている上海モーターショー 2015での発表を見てみましょう。

ランボルギーニは、現在開催中の上海モーターショー 2015で

「アヴェンタドール LP750-4 スーパーヴェローチェ(SV)」

を中国初披露した際に、その生産台数を限定600台とすることを発表した。

年間生産台数ではありません。

中国市場向け販売台数ということでもありません。

全世界でそれだけしか販売されないということです。

欲しい方は一刻も早く行動を起こした方がいいかもしれませんね。

アヴェンタドールSVは、ジュネーブ・モーターショー 2015で世界初公開

アヴェンタドールSVは、ジュネーブ・モーターショー 2015で世界初公開され、
続くアメリア島で北米初披露されたときに、

米国における車両価格が48万5,900ドル(約5,780万円)、税と輸送料込みで49万3,095ドル(約5,860万円)になると発表された。

“スーパーヴェローチェ”(超速い)という名前を持つこの

「アヴェンタドール」

の限定モデルは、最高出力がベース・モデルの700psから750psに引き上げられた古典的な自然吸気6.5リッターV型12気筒エンジンが4輪を駆動し、0-100km/h加速は2.8秒、最高速度350km/h以上と発表されている。

間違いなく公道で最も速いクルマの1つだろう(公道でそれだけの速度を出しても捕まらなければ、の話だが)。

性能を考えればランボルギーニが提示した価格は安いくらいかも知れない。

それにしても限定600台とは、あまりに少ないと思った読者もいるだろう。

しかし、2014年に過去最高となる2,530台を生産したランボルギーニも、ほんの十数年前の年間生産台数は600台よりずっと少なかったのだ。

普通に考えればスーパーカーを買うことは難しいかもしれませんが、憧れではありますよね。

それにしても・・・

車を買い換えたくなってきました。

自分の車の査定だけでも確認してみることにします。
《車買取》愛車を一番高く売るなら♪

与沢翼シンガポール豪遊!与沢翼の現在は彼女あーたんとシンガポール三昧!

与沢翼シンガポール豪遊!
与沢翼の現在は彼女あーたんとシンガポールに仕事に私生活にとても充実しています。

そんな与沢翼さんの現在を見てみましょう。

SPA!がシンガポールまで行き、与沢翼さんを電撃取材!

昨年4月に約3億5000万円の法人税未納が発覚し、経営破綻状態と発表した与沢翼氏。

「秒速で1億円稼ぐ」

と豪語し、高級車に美女をはべらせ、
バブル時代を彷彿とさせるような豪遊ぶりを見せつけていた彼の凋落を見て、

「秒速で1億稼ぐ男、秒速で破産寸前!」

「税金支払いで自宅も差し押さえ。与沢翼、ホームレス化!」

など、数々のメディアが報じたのも覚えてる方が多いでしょう。

もはや表舞台からは姿を消したのかと思われていた与沢翼氏ですが、
なんと昨年12月に海外へ移住を果たしていました。

移住先はアジアの金融大国・シンガポール。

今回、SPA!編集部が与沢氏が移住したシンガポールまで行き、取材したみたいです。

以下SPA!から一部抜粋

「計画倒産なのでは?」

「海外に資産を逃していたのでは?」

といった疑惑もぶつけてみた。

また、移住の真意や現在の生活ぶりを知るべく、取材班が密着取材を決行!

シンガポールで最高級と言われる56階建てマンション「オーチャード・レジデンス」――その最上層49階に与沢氏は居を構えていた。

9階にはリゾートホテル並みの広さと景観のプールもついている。

「今の家賃は200万円。新居に住むにあたって3000万円近くの家具を買ってしまいました」と笑う与沢氏。その豪奢な住まいは、かつての自宅と何の変わりもない。

 サムスン製のテレビ200万円、ソファ300万円、本棚100万円、ベッドだけでも500万円と400万円の2つ。さらには100万円ほどするシャンデリアが4つと、買った家具は総額3000万円近く。その買い物ぶりはさすが!

 だが、一時は一文なしと報じられたのに、家賃200万円の家に住み、高級家具に3000万円近く費やすその経済力。

いったいどんなカラクリが?

「今は毎月1500万円ほどの収入があります。ホームページなどのアフィリエイト収入や、企業のPR、講演などの各種出演料。あとは、株式投資とカジノですね」

 “年収”ではなく、“月収”が1500万円というから驚きである。

そもそも与沢氏は約3億5000万円の法人税が払えず、実質経営破綻状態だったはず。

それはどうなったのか?

気になるところです。

与沢翼がシンガポールに行った理由

与沢翼氏は例の件以来、シンガポールにいることは多くの人が知っていました。

例の件で本当にどん底に落ちた与沢翼氏は、ある方の恩で今のシンガポールの生活をしています。

営破綻状態でしたが、復活は割と早い段階で戻っています。

収入も以前のような状態になるのも早かったと言います。

与沢翼氏はネットビジネスをやっていましたので、以前の資産を活用すれば容易いことだったのです。

とわいえ、以前のようなメディアに積極的に出るようなことはしない方針です。

ネオヒルズ族と言われていましたが、与沢翼氏はネオヒルズ族と言われた方とも今は接点がない状態です。

与沢翼氏本人のブログでもその経緯などは報告されています。

現在はシンガポールで真面目にビジネスに取り組んでるみたいですね。