FC2ブログが見れない!?ブログサービス終了か!?

FC2ブログが見れない!?ブログサービス終了か!?

FC2のわいせつ動画関連での逮捕が出てから

まことささやかれてきたFC2サービスの終了・・・

話題にはなるが実際は問題なくサービスは継続中でした・・・




最近でも一部報道で

FC2創業者が国際指名手配!

などといった報道もあり、いよいよサービス終了か!?

と、噂になってますが、

FC2創業者が国際指名手配は誤報

と、FC2側から公式発表もあり、

真相はともかく大きな問題になっていますね。

これまでもサービス終了は囁かれていましたが

今回は本当にサービス終了かと思われる事態かもしれません・・・

というのも、2015年9月14日(月)の18:00現在

FC2ブログが観覧できない状況になっているからです。

これまでもサーバートラブルなどで一時的に観覧できない状況はありましたが

今回は時間的にも長いような気がします。

また、平日のサクセスがすくない時間帯でのことです。

今回は本当にサービス終了かもしれませんね。

ただのサーバートラブルだと良いのですが、真相ははたして・・・

サーバートラブルならば、はやく復旧することを願うばかりですね。







追記 2015年9月14日(月)19:00

どうやらfc2ブログが観覧できないのは一部のようです。

観覧できない理由は不明ですが、観覧できるブログもあるようです。

FC2逮捕どうなる?FC2 創業者はLAでIT長者の事実が判明!

FC2事件の逮捕で今後のサービスがどうなる?

と気になる利用者が多い中、創業者の情報が判明しました。

FC2の創業者は現在日本ではなく、アメリカにいるそうです。

米国のLAに豪邸を構えるIT長者の成功者として、悠々自適な生活をしてるとのことです。

今回の事件との関係は現段階では不明です。

FC2事件を振り返ってみましょう。

新たな報道内容

約2600万人のユーザーを抱え、アクセス数国内4位(3月現在)を誇るインターネット動画投稿サイトの「FC2」。

同サイトのサービス「FC2ライブ」を舞台にした公然わいせつ事件で、FC2を実質的に管理運営していたとみられる会社の社長らが逮捕された。

事件の経緯もさることながら、サイトを作り出した創業者にも注目が集まる。

米国に豪邸を構える日本人のIT長者でメディアに登場することはほとんどないという。

この謎多き人物とは-。

 京都府警と三重、島根、山口、高知各県警の合同捜査本部が23日、公然わいせつの疑いで逮捕したのは、ネット関連サービス業「ホームページシステム」(大阪市北区)社長の足立真(まこと)容疑者(39)と、元社長の高橋人文(ともん)容疑者(38)。

 捜査関係者によると、足立容疑者らは京都府警が昨年6月、女性との性行為を「FC2ライブ」で有料配信したとして、ネット上で「帽子君」と名乗る男を同容疑で逮捕した事件に関し、違法な配信と知りながら流した疑いが持たれている。

登記簿などによると、ホームページシステムは「インターネットでのサーバーの設置及びその管理業務」などを主業務とし、2002年に設立。

14年3月期の売上高は11億円に上る。

FC2の実質的な運営会社とみられる。

ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、

FC2はITベンチャーとしては後発組で、当初はブログサービスの運営などをしていた。

動画投稿サービスに本格参入してからは、規制の厳しい『ユーチューブ』など競合サイトの間隙を縫い、あらゆるエロ動画が視聴できるサイトとして多くのユーザーを獲得した。

早くから有料配信サービスを導入したことで莫大な利益を上げたと話す。

 エロ動画で急成長したこのFC2を作り上げたのが、大阪府出身の高橋理洋(りよう)氏(41)だ。

ホームページサービスの元社長で、今回、逮捕された人文容疑者の実兄にあたる。

どんな人物なのか。

 「関西で約40店舗展開する生花チェーンを経営する父を持ち、高校卒業後に渡米。現地の大学を出てFC2の前身となる会社を立ち上げた。米ロサンゼルスに敷地1ヘクタールの豪邸を構え、ベンツやロールスロイスなど複数の高級車を所有している」(IT業界関係者)

 メディアに姿を現すことはほとんどなく素顔はベールに包まれているが、本人のものとみられるフェイスブック(FB)では、FC2のサービスの宣伝とともに「orz」なる4人組音楽ユニットの活動をアピールするなど意外な一面をみせている。

 FB上で「デフレにピリオドを打つべく現れた謎の大富豪とインフレパーティー野郎共」と紹介し、投稿された動画ではダンス音楽に合わせて3人のメンバーがラップを披露。「実はそのメンバーの中に理洋氏がいるようだ。悠々自適な暮らしを送る彼にとっては遊びの延長のようなものなのだろう」(先の関係者)

 FC2は今回の事件について、報道内容を一部否定した上で、サイトに「今までどおりコンプライアンスを重視し、全力でサービスを提供して行く所存です」とのコメントを掲載。

FC2 逮捕 会員一斉摘発か?利用者も該当・・・!

FC2関係者の逮捕で、会員を含めた一斉摘発の可能性が出てきました。

FC2事件の続報です。

今回のFC2事件で多くの利用者が困惑しましたね。

とくに、肝をやした一部の人たちがいるとも・・・

つまり・・・

今回の件で芋づる式に摘発されるかもしれない可能性が出てきたからです。

ではどんな人達が肝を冷やしたのか?

ズバリ、動画関連の人達です。

違法アップロードですね。

線引きがわかりませんが、相当数の人が関与してる可能性があるとかないとか・・・

現時点では今後は不明ですが、違法アップロードでの摘発はあるかもしれません。

とにかく一刻も早く事件の解決を期待したいですね。

FC2事件の最新速報

京都府警などの5府県警による合同捜査本部は、
動画投稿サイト「FC2」の実質的な運営会社とみられる

「ホームページシステム」への家宅捜索でパソコンを押収した。

この中にはFC2会員2600万人の情報が含まれているとみられる。

著作権法に抵触する動画など違法アップロードした投稿者の存在が明らかになれば、
一斉摘発が行われる可能性はある。

サイト内に違法動画が蔓延

今回の家宅捜索は、ホームページシステム社長の足立真容疑者(39)
と元社長でFC2創業者の弟とされている高橋人文容疑者(38)の

公然わいせつ容疑での逮捕にともない行われた。

2人には、女性との性行為を撮影し有料動画を配信していた
自称ネット配信業の男(懲役3年執行猶予4年が確定)と共謀し、
動画を不特定多数が閲覧できる状態にしていた疑いがある。

同社は14年9月にも家宅捜索を受けていたが、今回は同社のパソコン100台以上が押収された。

パソコンやサーバーなどには、有料、無料会員合わせて約2600万人の会員情報が含まれていたとみられる。

FC2にはわいせつな動画のほかテレビ番組や映画、アニメなどが多数投稿されている。

同サイトには有料動画があり、投稿者にはユーザーが視聴する際に購入したポイントの金額の一部が配当される仕組みがある。

そのため同サイトには違法動画が蔓延、ネット上の違法アップロードの温床の1つとされてきた。

実際に違法アップロードで逮捕された投稿者もいる。

14年9月にはテレビドラマの動画を約2年間で2000本近く無断投稿したとして、
静岡県の男が著作権法違反の疑いで逮捕された。

また13年6月にはわいせつ動画を投稿したとして
愛知県の男性がわいせつ電磁的記録媒体陳列容疑で逮捕された。

同社がどんな会員情報を管理していたかは分からない。

しかし今回、捜査関係者が会員情報を解析し、
違法投稿者が明らかになれば一斉摘発されてもおかしくない。

視聴しただけの会員にも不安広がる

また今回の報道を受け、違法動画などを視聴した経験があるユーザーらからは自身も何らかの罪に問われるのではないか、と不安にかられている。

会員2600万人のほとんどが日本人とされているだけに、
身に覚えがある人は少なくないのかもしれない。

違法動画の視聴自体は違法行為にはあたらない。

文化庁の公式サイトにも

「違法に配信されている音楽や映像を見たり聞いたりするだけでは(中略)違法ではなく、刑罰の対象とはなりません」と明記されている。

ただし動画を見るだけではなく、ダウンロードをした場合は著作権法に違反する可能性がある。

2012年の著作権法改正により、違法にアップロードされた音楽や映像だと分かっていながら、
ダウンロードした場合も2年以下の懲役または200万円以下の罰金あるいはその両方が科せられることになった。

なお刑事罰の規定は著作権者からの告訴が必要な親告罪です。

FC2事件で逮捕!サービス終了か?今後はどうなる・・・

FC2事件がついに逮捕になりました。

FC2ライブ配信事件

動画投稿サイト「FC2」の利用者がわいせつな映像をライブ配信した事件で、

大阪市北区のインターネットサービス会社

「ホームページシステム」

幹部が同サイトの運営に密接に関与した疑いが強まったとして、
京都府警サイバー犯罪対策課などが近く、

公然わいせつ容疑で本格捜査に乗り出す方針を固めたことが22日、
捜査関係者への取材で分かった。

府警は同社幹部数人から事情を聴き、運営実態の解明を進める。

 海外に拠点を置く大手動画投稿サイトの運営側を検挙すれば全国で初めて。

 同サイトは動画投稿サイトとしては、
アクセス数が国内4位(3月現在)にあたる。

米国に法人拠点を置く「FC2社」が同サイトを運営し、
動画投稿などのサービスを提供している。

視聴回数に応じて投稿者に報酬が入る仕組みだ。

 わいせつ映像や映画を不正に投稿する違法行為が問題化し、
全国の警察が投稿者の逮捕を繰り返してきたが、

海外に拠点があるため、これまで運営側への取り締まりには至っていなかった。

 捜査関係者の説明では、幹部らは昨年6月、
性行為を同サイトで生中継したとして

公然わいせつ容疑で逮捕された大阪市の元ライブ配信業の男(31)
=執行猶予付き判決が確定=と共謀し、

わいせつな映像を不特定多数が閲覧できる状態にした疑いがもたれている。

 府警によると、この男の捜査の過程で、
同サイトの投稿者を募り報酬を調整する業者の存在が浮上。

業者はホームページシステムとやりとりしていたといい、
府警は昨年9月、公然わいせつほう助と風営法違反の容疑で、

同社を家宅捜索し、関連を捜査していた。

 民間調査会社によると、ホームページシステムは2002年設立。

資本金1億円で広告代理業を中心にネット関連サービスを行っている。

初代社長はFC2社を設立した中心人物の1人という。

公然わいせつ容疑でFC2創業者(41)の実弟の元同社社長(38)や現社長(39)の自宅などの家宅捜索を始めた。

容疑が固まり次第、逮捕する方針。 

今後FC2はどうなるんでしょうか。

多くの利用者がいますので、気になりますね。

FC2わいせつ事件で本格捜査!今後はどうなる・・・?

FC2事件で本格的な捜査が始まったようですね。

FC2ライブ配信事件

動画投稿サイト「FC2」の利用者がわいせつな映像をライブ配信した事件で、

大阪市北区のインターネットサービス会社

「ホームページシステム」

幹部が同サイトの運営に密接に関与した疑いが強まったとして、
京都府警サイバー犯罪対策課などが近く、

公然わいせつ容疑で本格捜査に乗り出す方針を固めたことが22日、
捜査関係者への取材で分かった。

府警は同社幹部数人から事情を聴き、運営実態の解明を進める。

 海外に拠点を置く大手動画投稿サイトの運営側を検挙すれば全国で初めて。

 同サイトは動画投稿サイトとしては、
アクセス数が国内4位(3月現在)にあたる。

米国に法人拠点を置く「FC2社」が同サイトを運営し、
動画投稿などのサービスを提供している。

視聴回数に応じて投稿者に報酬が入る仕組みだ。

 わいせつ映像や映画を不正に投稿する違法行為が問題化し、
全国の警察が投稿者の逮捕を繰り返してきたが、

海外に拠点があるため、これまで運営側への取り締まりには至っていなかった。

 捜査関係者の説明では、幹部らは昨年6月、
性行為を同サイトで生中継したとして

公然わいせつ容疑で逮捕された大阪市の元ライブ配信業の男(31)
=執行猶予付き判決が確定=と共謀し、

わいせつな映像を不特定多数が閲覧できる状態にした疑いがもたれている。

 府警によると、この男の捜査の過程で、
同サイトの投稿者を募り報酬を調整する業者の存在が浮上。

業者はホームページシステムとやりとりしていたといい、
府警は昨年9月、公然わいせつほう助と風営法違反の容疑で、

同社を家宅捜索し、関連を捜査していた。

 民間調査会社によると、ホームページシステムは2002年設立。

資本金1億円で広告代理業を中心にネット関連サービスを行っている。

初代社長はFC2社を設立した中心人物の1人という。

公然わいせつ容疑でFC2創業者(41)の実弟の元同社社長(38)や現社長(39)の自宅などの家宅捜索を始めた。

容疑が固まり次第、逮捕する方針。 

今後FC2はどうなるんでしょうか。

多くの利用者がいますので、気になりますね。