注目の記事 PICK UP!

紅白初出場確定?世界の注目を集めるBABYMETAL(ベビーメタル)とは?

2010年にさくら学院“重音部”で結成された、

BABYMETAL。

“アイドルとメタルの融合”をテーマとしたユニット

BABYMETAL_art1

SU-METAL
中元すず香

YUIMETAL
水野由結

MOAMETAL
菊地最愛

シングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャー・デビュー

ついつい口すさんでしまう、印象に残るアップテンポな曲です。

You Tubeで公開された「ド・キ・ド・キ☆モーニング」のミュージックビデオに

「なんじゃこりゃぁあ!!」

と海外からのアクセスが殺到。アイドルの枠&日本を越えて注目される。

2014年3月には日本武道館ワンマンライブ2DAYSを行いチケットはSOLD OUT、武道館単独公演を行った女性アーティスト最年少記録を更新した。

さらに2月にリリースした

ファーストアルバム「BABYMETAL」が、

全米ビルボード総合チャートにランクイン

総合チャートにランクインした数 少ない日本人アーティストの中で最年少記録を更新

2014年7月~8月には初のヨーロッパ&アメリカツアーを行い、

イギリスの大型フェス「Sonisphere」

ではメインステージに登場し6万5千人の観衆を集め、アメリカではLADY GAGAの全米ツアーのサポートアクトに抜擢されアメリカ5公演を行った。

日本を越えて、海外でも名実ともに注目を集めているBABYMETALの“メタルレジスタンス”は急速に拡大している。

BABYMETALは、元々さくら学院というアイドルグループ内の「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成された派生ユニットです。

ヘヴィメタル風のライブ・パフォーマンスが人気で、今ではさくら学院を超えるほどの人気を獲得。

決めポーズは、ヘヴィメタルシーンで有名なメロイックサインではなく、あくまでキツネの影絵をイメージしたフォックスサインであり、ライブパフォーマンスではBABYMETALとファンがフォックスサインで一体感を見せるなどライブには欠かせないパフォーマンスの一つになっています。

また、日本だけでなく海外にも多くのファンがいて、BABYMETALのFacebookページは英語で更新されています。(メタルに国境は関係ないということから世界に向けてPRをスタートしたということです)

アイドルとメタルの融合という今まで誰も成し得たなかったことに挑戦しているBABYMETAL。

ユニット名の由来は、“ヘビーメタル”をもじって付けており、BABYでは可愛らしさを、METALでは激しさを表現できることから、また「新しいメタルが誕生する」という願いの意味が込められている。

テーマカラーは赤と黒を基調にしており、衣装やメイクなどにはゴシック要素が含まれている。

ボーカルパートはセンターのSU-METALがメインボーカルを担当し、両サイドのYUIMETALとMOAMETALがコーラス(掛け声や合いの手)を担当。

2年連続でサマソニに出演するなど、日本のみならず、世界で注目されています。

AKBがアイドルグループの常識を変え、その後、ももクロなどのアイドルが誕生していったように、

BABYMETALが新たな道を開拓してる事は間違いないだろう。

数年後にはBABYMETALはもちろん、新たなスターが誕生してるかもしれませんね。

また、BABYMETALはアイドルとメタルの融合だが、

アイドルと○○

アイドルと☓☓

など、今後の新たなトレンドとなっていくかもしれませんね。

BABYMETAL ダイジェスト  Ijime Dame Zettai  「イジメ、ダメ、ゼッタイ」 ヘドバンギャー!

BABYMETAL(ベビーメタル) [White Love] ホワイト・ラブ

BABYMETAL(ベビーメタル)「イジメ、ダメ、ゼッタイ」

関連記事

  1. FNS歌謡祭 出演・きゃりーぱみゅぱみゅ!曲まとめ 動画一覧!

  2. 麒麟の川島明が彼女と結婚!お相手は神奈川の一般女性!

  3. FNS歌謡祭 出演・May J.!曲まとめ 動画一覧!

  4. 萩原流行認知症の影響でバイク事故死!?

  5. 8.6秒バズーカーの由来とラッスンゴレライ誕生秘話を語る!

  6. 山本耕史とさやぽにょの以外な関係!

  7. 動画!菜々緒がセクシービキニを披露・・・。映画「神様はバリにいる」での一部ショット

  8. 大山加奈さんが結婚。メグカナと注目されたパワフル加奈とは?

  9. 歌ネタ王決定戦 2015で8・6秒バズーカー、ラッスンゴレライを封印で新ネタ披露!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP