注目の記事 PICK UP!

全裸はカラダに良い?一部の女性の間で、全裸睡眠が流行っている秘密は・・・?

よく、「昔から寝るときは全裸です」という人がいます。

こういう人は、その健康効果を十分に実感しているようです。

体が強くなるので一年中風邪に悩まされることがほとんどなくなるだけでなく、肌がひんやりと気持ちいいので、快適に眠れるという効果もあるようです。この全裸睡眠の健康効果にはどのような背景があるのでしょうか?

全裸睡眠は健康にいい!?

普通、寝るときはパジャマなどの寝間着を着て寝るものです。

寝間着の下には下着を付けるのが一般的でしょう。

しかし、パジャマや下着を着ないで寝ると、なぜか健康になるという説があります。

裸で寝ると寒くて風邪を引かないかと心配になって、そんな無茶なことはやらないという方もいるのではないでしょうか。

それも一理ありますが、実際は確かに全裸睡眠には健康に良いようなのです。

裸で綿毛布にくるまって寝るようになった人が、風邪をひかなくなり、腰痛や肩こり、首の痛みが改善したという事例もあるくらいです。

全裸睡眠がもたらす効果

裸で寝ると、直接肌が空気に触れることになるので、まず皮膚に対して影響が出てきます。

皮膚では、皮膚呼吸や発汗が行われており、肌に直接空気が触れることで活発になります。

睡眠中に皮膚の代謝がアップすると、質の高い睡眠が得られるといわれているのです。

眠っている間、皮膚の古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わりますが、皮膚呼吸が活発になればなるほど、この皮膚の生まれ変わりが促進されます。

つまり、裸で寝ることで皮膚が生まれ変わりやすくなるといえます。

また、裸で寝ると食べたものをエネルギー化して自分で熱を生み出す力が強まることから、皮膚だけでなく体全体の代謝もよくなり、免疫力向上まで見込めるといわれています。

裸で寝るときは寝具にも気を配って

全裸睡眠を実践する場合、必ず布団か毛布をかけて実践してください。

いくら健康になるとはいえ、やっているそばから風邪をひいてしまったら本末転倒です。

また、寝具が直接肌に触れることになるので、安眠のためにも素材には気を付けましょう。

肌触りが悪い、チクチクする、触れた肌が冷たいような素材は、睡眠を妨げてしまい、途中で起きてしまうことにもなりかねません。

アレルギーを引き起こす原因物質が入っていないかどうかもチェックしておきましょう。

寝具は通常より汗や老廃物などで汚れやすくなるので、こまめに洗濯するのをおすすめします。

健康にいいだけでなく、ぐっすり眠ることもできる全裸睡眠。睡眠に関する悩みのある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ただ、睡眠法は人によって合う、合わないがあるので、自分の体調や体質を考えて実践しましょう。

行動管理にハマる女性たち 睡眠管理も

近年、様々な管理アプリやサービスが溢れていることもあり、いろいろな行動を管理することにハマっている女性が増えているようです。

特に、美容や健康管理が注目されており、生理管理や体重管理のアプリを使っている女性は多いのではないでしょうか?

そんな中で、睡眠状態を計測して自分の睡眠の質を高めたい、といった声もあるようで、睡眠管理をする女性も増えているようです。

ワイヤレスでデータを連携して管理できるものも多く、負担が少ないので継続して楽しく続けられることも、大きな魅力です。忙しく働く女性や主婦でもハマる女性が多いのです。

ゲーム感覚で楽しむ管理法

管理アプリやサービスを利用することで、ものによってはゲーム感覚で行動管理を楽しむことができます。

数字によって可視化されるため、モチベーションが保てる、といった声もあります。

さらに、今注目されているのが、遺伝子情報解析技術を使った新サービスです。

これからさらに多種類のサービスがでてくると考えられます。

ゴールを決めて、PDCAサイクルを回していくことで、自分自身の生活の質を高めていくことができます。大人の女性がハマる理由がよくわかりますね。

睡眠管理アプリでできること

様々な睡眠管理アプリがありますが、一体どんなことができるのでしょうか?

起床時刻、就寝時刻を記録していくことで、生活の乱れを改善させていくことができます。

また、寝返りの回数を計測できるものや、いびきを録音できるアプリなどもあります。

睡眠のためのSNSもあり、睡眠に悩んでいる人のための交流サイトとして使われています。

しかし、睡眠前にスマホを使うことは睡眠に逆効果です。

使用時間はできるだけ短くし、タイマーをセットしたらすぐに眠ることをお勧めします。

睡眠管理アプリの中でも、自分に合ったものを見つけ、使ってみてはいかがでしょうか?

また、寝返りの回数を計測できるものや、いびきを録音できるアプリなどもあります。

睡眠のためのSNSもあり、睡眠に悩んでいる人のための交流サイトとして使われています。

しかし、睡眠前にスマホを使うことは睡眠に逆効果です。

使用時間はできるだけ短くし、タイマーをセットしたらすぐに眠ることをお勧めします。

睡眠管理アプリの中でも、自分に合ったものを見つけ、使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 北陸・富山・石川で大雪か?2~3日に北陸入りをする方のおすすめ事前対策!

  2. 300人の独身OLに今年のクリスマスの予定を聞きました。なんと、22.7%が・・・

  3. 青色LED誕生から20年・・・。なぜ中村修二教授と日亜化学工業の確執は終わらないのか?

  4. 萩原流行牙狼どうなる?バイク事故死に警視庁が関与の新事実が判明!

  5. これで歯の痛みが緩和!ロキソニンSは最強の歯痛止め・・・!歯が痛い時に飲む薬は絶対にこれ・・・!

  6. フリーザが復活!ドラゴンボール屈指の人気キャラクター、フリーザ。ドラゴンボールZ・新劇場版で、遂にサ…

  7. 女性も男性も虜に!?レディー・ガガ プロデュースのフレグランス第2弾!

  8. 風邪予防に生姜鍋。みんな大好き・すき焼き!絶品の鍋料理・すき焼きをご紹介・・・

  9. フジテレビ壊滅!?番組崩壊で今後はどうなる?フジテレビの現状・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP